鈴木薄荷 製品

scroll

高品質のハッカ製品を
神戸から

鈴木薄荷株式会社は、天然薄荷専業メーカーとして
長年にわたり積み重ねてきたノウハウを強みに、
安全で安心してお客様にご使用いただける l - メントールおよびハッカ油を製造しております。
製造および品質管理においてGMP省令を遵守し
安定した高品質のハッカ製品を提供しております。

本社社屋

エントランス

工場内部

工場内部

製品情報

PRODUCTS

トピックス・
メディア紹介

TOPICS & MEDIA

現在に「鈴木」の名を
受け継ぐ
神戸の企業

Company History

鈴木薄荷は、大正財閥のひとつである鈴木商店が手掛けていた薄荷事業を継承し、昭和2(1927)年に創立しました。

鈴木商店は、明治7(1874)年に大阪の辰巳屋からの暖簾分けで砂糖商として開業しました。そして、樟脳や薄荷などの「白モノ」の取引で成長し、軽工業から重工業へ事業投資を加速して発展し、大正6(1917)年に売上高日本一の総合商社になったといわれております。その後、昭和金融恐慌の煽りを受け、昭和2(1927)年に事業停止に追い込まれましたが、鈴木商店の事業は、日本の高度成長期を支え、現在も活躍する多くの企業の礎となっております。

鈴木商店の事業を継承した企業は多数ありますが、現在も「鈴木」の名とカネタツの屋号を継承しているのは鈴木薄荷だけです。

PAGE
TOP